大阪マラソン2016の一般受付が開始! 過去の倍率は?

昨日(4/8)の10時から大阪マラソンの一般応募が開始されました。

今年で第6回目となります。

大阪マラソンの開催日は2016年10月30日(日)で、
応募期間は2016年4月8日 10時~2016年5月8日 17時までとなります。

今回は2016年大阪マラソンの詳細と過去の倍率について書いていきます。

スポンサードリンク

第6回大阪マラソンの詳細

今年の大阪マラソンも前回と同じコースです。

img_map

img via: コース紹介|大会情報|大阪マラソン2016

大阪城公園前をスタートし、中盤では大阪のシンボルである通天閣を通過し、
インテックス大阪がゴールとなります。

もちろん、日本陸連公認であり、AIMS公認コースになります。

大阪マラソンのコースは、アップダウンがあまりなく、
大阪の街並みを満喫できるコースになっています。

スタートは朝の9時で制限時間は7時間になります。

そして約10箇所の制限時間の関門があります。

今年(2016年)の大阪マラソンの関門は下記URLよりご確認ください。

第6回大阪マラソンの関門

大阪マラソンのスタート地点である、大阪城公園の最寄駅は、
JR大阪環状線 大阪城公園駅、JR東西線と京阪電車 京橋駅、地下鉄中央線 森ノ宮駅となっており、
交通の便はすごく便利です。

そして、大阪マラソンのゴールであるインテックス大阪の最寄駅は、
地下鉄コスモスクエア駅から徒歩10分、南港ポートタウン線 中ふ頭駅から徒歩5分となります。

第6回大阪マラソンの募集定員は?

今年(2016年)の大阪マラソンの定員はフルマラソンが29000人で、チャレンジラン(8.8Km)が2000人となります。

市民アスリート枠で2016年4月6日(火)の12時から1000人の応募がありました。

なんと、8分で定員に達しました。

こちらは先着順になります。

人気のあるマラソン大会であることが伺えますね。

■スポンサードリンク






大阪マラソンの過去の倍率は?

気になる大阪マラソンの倍率ですが、
前回(2015年)の倍率は4.5倍でした。

人気のマラソン大会であるため、当選は狭き門です。

過去の申込者は下記の通りとなります。

 第1回(2011年) 154,822人 
 第2回(2012年)  145,254人
 第3回(2013年)  143,351人
 第4回(2014年)  137,768人
 第5回(2015年)  130,075人

応募者を見ていただいたらわかりますが、
年々、応募者が減ってきています。

当選は狭き門ですが、当選の確率は年々上がってきています。

そして、今年から「連続落選者枠」が1000人から3000人に増えています。

今年(2016年)の「連続落選者枠」の対象者は、第3回大阪マラソン~第5回大阪マラソンをインターネットで個人エントリーされた方のうち、
その3大会を連続して落選した方が対象となります。

これは、これまで落選された方にとって朗報ですね。

第6回大阪マラソンは下記よりエントリーできます。

http://www.osaka-marathon.com/

応募期間は、2016年4月8日 10時~2016年5月8日 17時までとなります。

またゲストなど詳細がわかりましたらアップデートしていきます。

日々のランニングの成果を出してみてはどうでしょうか。

■スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ