初めてのフルマラソンを6時間台から5時間台または4時間台で完走するためのペースは!

フルマラソンを走る時に気になることで、「走るペース」が1つ上げられます。

6時間台でフルマラソンを完走するためには、
1Kmをどれぐらいのペースで走らないといけないのだろう?

5時間台でフルマラソンを完走するためには?

頑張って4時間台で完走を目指したい!

今回はそれぞれの時間で完走するために必要な「走るペース」について書いていきます。

スポンサードリンク

6時間台でフルマラソンを完走するためのペースは!

制限時間が7時間の市民マラソンの場合、6時間台で完走する必要があります。

42.195Kmを6時間台で走るには、1Kmを走るペースは9分~8分30秒となります。

後半に走るペースが落ちることを考慮し、途中でトイレに行くことも考慮すると、
1Kmを9分~8分30秒のペースで走ると、時間的に余裕もでてきます。

フルマラソンの完走を目指すのなら、
制限時間が7時間のマラソン大会の場合はこのペースで走ることを意識しましょう。

Fotolia_64258895_Subscription_Monthly_M-710x434

5時間台でフルマラソンを完走するためのペースは!

マラソン大会の制限時間が6時間だったり、少し頑張って5時間台で完走したい場合は、
1Kmを8分~7分30秒のペースで走るようにしましょう。

1Kmを8分でずっと走った場合、完走タイムは5時間40分ぐらいになります。

後半でペースが落ちたり、途中でトイレに行ったりする場合も考慮すると、
かなりギリギリになってしまいます。

余裕を見て、スタートして最初の内は1kmを7分30秒で走るのがベストです。

■スポンサードリンク





4時間台でフルマラソンを完走するためのペースは!

いいタイムでフルマラソンを完走したい!
と思った場合、4時間台で完走が目標で出てきます。

私の場合、最初はフルマラソン完走のみが目標でした。

しかし、どんどん走れる距離が延びていくにつれて、
完走タイムを意識するようになりました。

そこで、目標としたのが「4時間台でフルマラソンを完走!」でした。

4時間台でフルマラソンを完走する場合、
遅くても1Kmを6分45秒で走る必要があります。

1Kmを6分45秒で走った場合の完走タイムはだいたい4時間45分になります。

後半にペースが落ちたり、途中でトイレに行く時間を考慮すると、
1Kmを6分45秒で遅くても走る必要があります。

私が「4時間台で完走」を目標にしたのは、
出場する神戸マラソンの2ヶ月ほど前のことでした。

その時から1Kmを走るペースを意識するようになりました。

走るペースを意識するのはランニングの時だけでいいです。

LSDを実践している時は、走るペースを意識しなくていいです。

1Kmを6分45秒のペースで走り、25Km付近あたりからペースが落ちていき、
完走タイムは、4時間57分50秒で完走しました。

ギリギリでした。

こまめに走るペースをチェックしよう!

練習でランニングをしている時から、走るペースを意識しておきましょう。

本番でいきなり走るペースを意識するのはかなり難しいです。

練習の段階で走るペースを意識し、体にそのペースを覚えさせておくことが大事です。

走るペースを測定する方法は、スマホのアプリやランニングウォッチなどがあります。

それぞれの記事を過去に書いていますので、参考にしていただければ幸いです。

スマホのアプリを使用するなら!

ランニングなど運動時に役に立つスマホアプリ「Runtastic編」

スマホのアプリを使用する場合は、ペースをチェックするたびに、
スマホを出し、アプリを起動させる必要があります。

走りながらする場合、スマホを落とさないように注意しましょう。

その点、ランニングウォッチなら簡単でペースを見ることができます。

ランニングウォッチは必要? ランニングウォッチのメリットはこれです!

ランニングウォッチ購入時に失敗しないように選ぶポイントとは?

機能別でオススメのランニングウォッチはどれ?

最後に

フルマラソンを完走するたびに、完走タイムを更新したくなるとよく聞きます。

すごくわかります!

私もそうです。

前回は4時間台で完走したので、
次に出場するマラソン大会では3時間台で完走を目標にしています。

子供の時から、走ることが嫌いでしたが、
今は楽しくて仕方ないです。

不思議なものです。

■スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ